日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB大隣憲司はG坂本からもらったエアマットで身体ケア

「ガス抜きは、風呂ですかね。半身浴、(温冷)交代浴。暇さえあれば風呂に入っています。体のケアは大事にしているので。あっ、それと……」

 ソフトバンク11年目の大隣憲司(32)が思い出したように、こう続ける。

「西川エアーのポータブルマット。これは必需品です。携帯用なので、キャンプも遠征の時も、必ず持参します。いろいろ試したんですけど、これが一番ボクの体に合うんです」

 愛用するこのマットレスは幅97センチ、長さ195センチ、厚み3.5センチ。丸めると長さ1メートルの筒状のバッグにスッポリ納まり、持ち運びが可能だ。「相棒」との出合いは、侍ジャパンに選出された13年の前回WBCだった。

「(4歳下の巨人の坂本)勇人が使っていて、いいなと。『それ、どうやったら買えるん?』と聞いたら、『これ、あげますよ』ってポンとくれたんです。それからずっと遠征の時は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事