• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB大隣憲司はG坂本からもらったエアマットで身体ケア

「ガス抜きは、風呂ですかね。半身浴、(温冷)交代浴。暇さえあれば風呂に入っています。体のケアは大事にしているので。あっ、それと……」

 ソフトバンク11年目の大隣憲司(32)が思い出したように、こう続ける。

「西川エアーのポータブルマット。これは必需品です。携帯用なので、キャンプも遠征の時も、必ず持参します。いろいろ試したんですけど、これが一番ボクの体に合うんです」

 愛用するこのマットレスは幅97センチ、長さ195センチ、厚み3.5センチ。丸めると長さ1メートルの筒状のバッグにスッポリ納まり、持ち運びが可能だ。「相棒」との出合いは、侍ジャパンに選出された13年の前回WBCだった。

「(4歳下の巨人の坂本)勇人が使っていて、いいなと。『それ、どうやったら買えるん?』と聞いたら、『これ、あげますよ』ってポンとくれたんです。それからずっと遠征の時は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る