• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB大隣憲司はG坂本からもらったエアマットで身体ケア

「ガス抜きは、風呂ですかね。半身浴、(温冷)交代浴。暇さえあれば風呂に入っています。体のケアは大事にしているので。あっ、それと……」

 ソフトバンク11年目の大隣憲司(32)が思い出したように、こう続ける。

「西川エアーのポータブルマット。これは必需品です。携帯用なので、キャンプも遠征の時も、必ず持参します。いろいろ試したんですけど、これが一番ボクの体に合うんです」

 愛用するこのマットレスは幅97センチ、長さ195センチ、厚み3.5センチ。丸めると長さ1メートルの筒状のバッグにスッポリ納まり、持ち運びが可能だ。「相棒」との出合いは、侍ジャパンに選出された13年の前回WBCだった。

「(4歳下の巨人の坂本)勇人が使っていて、いいなと。『それ、どうやったら買えるん?』と聞いたら、『これ、あげますよ』ってポンとくれたんです。それからずっと遠征の時は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る