• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フリー打撃で露呈 巨人カミネロのノーコンに敵も戦々恐々

 ストライクが入らない――。第2クール最終日となった7日、新外国人のアルキメデス・カミネロ(29=マリナーズ)が初めてフリー打撃に登板した。

 最速164キロの剛腕は柿沢と重信を相手にバットを2度ヘシ折る破壊力を見せたものの、30球中20球以上がボール球だった。

 ネット裏で視察したあるスコアラーは、「今の時期だとかなり速い。でも荒れ球。打者が死球の恐怖を感じる投手ですね」と漏らした。

 1日にブルペン入りした際、尾花投手コーチは「ストライクは入る」と及第点を与えていた。が、形式がより実戦的になったことで、メジャー通算155回で69四球の「本性」を現した格好だ。

 それでも当のカミネロは、「バッター相手は久しぶりだし、ストライクを投げる意識はなかった。マウンドが軟らかいので感触を確かめた。直球? グッド。(投げた変化球の)スプリッター、カッターもグッド。いい球を投げるにはマウンドの感触を確かめないと」と涼しい顔。「今日は8割。今100%にしてもしょうがないだろ。バットを折った? 当たり所が悪かったんだろう。練習は試合のための準備。早くゲームで投げたいね」と自信満々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る