日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口俊の人的補償で巨人からベイに 平良拳太郎が本音語る

「ビックリしたけど、こればっかりはどうしようもないことですから」

 こう言ったのは、DeNAの平良拳太郎(21)。オフに、FAで巨人に入団した山口俊の人的補償として新天地に移った。高卒4年目を迎えた右腕は、将来のエース候補と期待する声がある中、巨人に28人のプロテクトリストから外された。本音を聞いた。

――人的補償で移籍が決まった時はショックだった?

「最初はビックリしたとしか言いようがないですね。正直、自分の想像の中では、自分が(DeNAに)選ばれることはないだろう、と思っていました。もちろん、僕自身が(プロテクトの)28人の中に入るとは思いませんでしたが、誰になるんだろうって、気にはしていました」

――沖縄の北山高校から13年ドラフト5位で巨人に入り、わずか3年で移籍となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事