• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ふっくらボディーで進化 2年目マエケン“5キロ増”の狙い

 メジャー2年目を迎えたドジャース・前田健太(28)がスケールアップした姿をアピールしている。

 22日には今キャンプ初のフリー打撃に登板。習得に励んでいる新球カットボールを試し、空振りや見逃しのストライクを取った。

 前田は新球について「横から見て(変化が)分からないくらいがちょうどいい。ほんのちょっとだけ動けばいい」と手応えを得た様子。ネット裏で見守ったロバーツ監督は、「あのボールがあれば球数を減らし、投球回を増やせる」と早くも期待を口にした。

 前田によれば、昨季終盤は左打者への決め球がチェンジアップだとばれていたという。カットボールが持ち球に加われば投球の幅は広がる。昨季終盤のように、早い回に集中打を浴びてKOされるケースは少なくなるかもしれない。

 2年目に向けた備えは新球習得に限らない。昨季は中4日のローテーション、不慣れな米国での生活もあり、夏場以降に息切れ。球威は落ち、変化球も精度を欠くなど、明らかにスタミナ不足だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る