ふっくらボディーで進化 2年目マエケン“5キロ増”の狙い

公開日:  更新日:

 メジャー2年目を迎えたドジャース・前田健太(28)がスケールアップした姿をアピールしている。

 22日には今キャンプ初のフリー打撃に登板。習得に励んでいる新球カットボールを試し、空振りや見逃しのストライクを取った。

 前田は新球について「横から見て(変化が)分からないくらいがちょうどいい。ほんのちょっとだけ動けばいい」と手応えを得た様子。ネット裏で見守ったロバーツ監督は、「あのボールがあれば球数を減らし、投球回を増やせる」と早くも期待を口にした。

 前田によれば、昨季終盤は左打者への決め球がチェンジアップだとばれていたという。カットボールが持ち球に加われば投球の幅は広がる。昨季終盤のように、早い回に集中打を浴びてKOされるケースは少なくなるかもしれない。

 2年目に向けた備えは新球習得に限らない。昨季は中4日のローテーション、不慣れな米国での生活もあり、夏場以降に息切れ。球威は落ち、変化球も精度を欠くなど、明らかにスタミナ不足だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る