ふっくらボディーで進化 2年目マエケン“5キロ増”の狙い

公開日: 更新日:

 メジャー2年目を迎えたドジャース・前田健太(28)がスケールアップした姿をアピールしている。

 22日には今キャンプ初のフリー打撃に登板。習得に励んでいる新球カットボールを試し、空振りや見逃しのストライクを取った。

 前田は新球について「横から見て(変化が)分からないくらいがちょうどいい。ほんのちょっとだけ動けばいい」と手応えを得た様子。ネット裏で見守ったロバーツ監督は、「あのボールがあれば球数を減らし、投球回を増やせる」と早くも期待を口にした。

 前田によれば、昨季終盤は左打者への決め球がチェンジアップだとばれていたという。カットボールが持ち球に加われば投球の幅は広がる。昨季終盤のように、早い回に集中打を浴びてKOされるケースは少なくなるかもしれない。

 2年目に向けた備えは新球習得に限らない。昨季は中4日のローテーション、不慣れな米国での生活もあり、夏場以降に息切れ。球威は落ち、変化球も精度を欠くなど、明らかにスタミナ不足だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る