キューバ戦で美技 広島・菊池はメジャーなら5年30億円も

公開日:

「いまはメジャーもいい二塁手が少ない。守備力は際立っているし、脚力もある。ア・リーグ東地区の強豪はすでに、彼の名前を獲得したい選手のリストの上位に入れていると聞きました」

 東京ドームのネット裏で、ナ・リーグ東地区球団のスカウトがこう言った。「彼」とはWBC日本代表の二塁手・菊池涼介(26)のこと。「もう少し打撃を磨き、積極的に盗塁すれば、メジャーの評価はいま以上に上がる。かつてマーリンズの二塁手として盗塁王を2回、ゴールドグラブを3回受賞したルイス・カスティーヨのような選手になる可能性を秘めている」と言うのだ。

 WBC日本代表の開幕戦となった7日のキューバ戦。立ち上がりの重苦しい空気を吹き飛ばして、チームに流れを引き寄せたのは菊池の超美技だった。

 初回、先発の石川は松田の失策などでいきなり無死一、二塁のピンチを招く。続く3番・元巨人セペダの当たりは一、二塁間への強烈なゴロ。菊池はスライディングしながら捕球すると、体を素早く反転させて二塁へ矢のような送球、併殺を完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る