複数ポジション準備 広島菊池「絶対二塁というのはない」

公開日:

 昨季は主に2番で141試合に出場し、打率.315、13本塁打、56打点。リーグトップの23犠打を記録する一方、181安打で自身初の打撃タイトルとなる最多安打に輝いた菊池涼介(26)。定評のある二塁の守備でも、驚異的な守備範囲の広さで歴代補殺記録の上位3位を独占する525補殺を記録。4年連続ゴールデングラブ賞を受賞した。

 25年ぶりのリーグ優勝に貢献したスーパー二塁手は、侍ジャパンではヤクルトの2年連続トリプルスリー男・山田(24)とポジションを争う。球界を代表する名手に聞いた。

■複数ポジション準備は当たり前

――侍ジャパンでは山田と正二塁手を争う。

「ボクは絶対二塁で、というのはないんです。WBCは侍ジャパン28人全員で力を合わせて戦わないと勝てない。ボクの場合はセカンド、サード、ショート。小久保監督に『行け』と言われたら、どこでも守ります。プロなので『本職じゃないので守れません』では済まないと思うんです。少なくともボクは嫌。全部守れるように準備しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る