打撃も米国人好み ベイ筒香に数々の“メジャー向き”要因

公開日: 更新日:

「今すぐメジャーに行けば、年俸3億円どころじゃありません」

 ある代理人事務所の関係者は、1日に年俸2億円増の3億円で更改したDeNAの筒香(25)についてこう言っている。

「成功例が多い投手と違い、野手は総じて評価は辛めになる。それを差し引いても、今オフにポスティングでメジャー挑戦をした場合、若さを加味すれば最低でも4年20億円はいくでしょう」

 侍ジャパンの4番候補でもある筒香は今季、打率.322、44本塁打、110打点で本塁打、打点の2冠を獲得。日本屈指の大砲は将来的なメジャー志向があるといわれ、米球界でもその名が浸透してきているという。

 さるメジャー関係者は「筒香は米国人好みの打撃スタイルだ」と、こう続ける。

「彼は力がある上に、ボールを捉える技術が高い。ポイントは投手寄りで、軸足に体重を乗せボールを潰すようにインパクトするという打ち方だから、飛距離は出る。狭い横浜スタジアムを本拠地にしているが、彼は外野スタンドの上段まで飛ばすし、凡打を見ても、完全に打ち取られたという打席は少ない。打者の手元で動く球が多いメジャーでもアジャストできるはず。さらに言えば、メジャーの公式球は日本のそれよりも硬い。筒香の打撃スタイルなら、日本以上に飛ばす可能性もある。日米の投手の能力差はあるが、打率3割、30本塁打も夢じゃない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る