打撃も米国人好み ベイ筒香に数々の“メジャー向き”要因

公開日:

「今すぐメジャーに行けば、年俸3億円どころじゃありません」

 ある代理人事務所の関係者は、1日に年俸2億円増の3億円で更改したDeNAの筒香(25)についてこう言っている。

「成功例が多い投手と違い、野手は総じて評価は辛めになる。それを差し引いても、今オフにポスティングでメジャー挑戦をした場合、若さを加味すれば最低でも4年20億円はいくでしょう」

 侍ジャパンの4番候補でもある筒香は今季、打率.322、44本塁打、110打点で本塁打、打点の2冠を獲得。日本屈指の大砲は将来的なメジャー志向があるといわれ、米球界でもその名が浸透してきているという。

 さるメジャー関係者は「筒香は米国人好みの打撃スタイルだ」と、こう続ける。

「彼は力がある上に、ボールを捉える技術が高い。ポイントは投手寄りで、軸足に体重を乗せボールを潰すようにインパクトするという打ち方だから、飛距離は出る。狭い横浜スタジアムを本拠地にしているが、彼は外野スタンドの上段まで飛ばすし、凡打を見ても、完全に打ち取られたという打席は少ない。打者の手元で動く球が多いメジャーでもアジャストできるはず。さらに言えば、メジャーの公式球は日本のそれよりも硬い。筒香の打撃スタイルなら、日本以上に飛ばす可能性もある。日米の投手の能力差はあるが、打率3割、30本塁打も夢じゃない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る