18年オフ移籍がもう…西武・雄星“メジャー争奪戦”勃発

公開日:

 年明けから沖縄の浦添で汗を流す西武の菊池雄星(25)に、早くも接触したメジャー球団があるという。

「ナ・リーグ西地区の球団ですよ」と、さる放送関係者がこう続ける。

「今月上旬、その球団の職員が沖縄で雄星と会ったというのです。立ち話をしただけなのか、一緒に食事をしたのかは分かりませんけど、挨拶をするためにわざわざ沖縄まで行くはずがありませんからね。かなり突っ込んだ話をしたとみるのが自然でしょう。それも、あえて、我々、報道陣に自主トレを公開する前のタイミングを狙って接触したと聞いています」

 日刊ゲンダイは昨年12月14日付の紙面で、菊池のメジャー挑戦を報じた。

 菊池は昨季、プロ7年目にして自身初の2ケタ勝利(12勝7敗)をマーク。今季から2年連続2ケタ勝利をマークすることを条件に、球団がポスティングシステムによるメジャー挑戦を認めたという内容だった。年明けにスポーツ紙も“後追い記事”を掲載。2年後のメジャー挑戦が公然というか、既定路線みたいになるにしたがって、メジャー球団の動きが活発になってきたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る