18年オフ移籍がもう…西武・雄星“メジャー争奪戦”勃発

公開日:

 年明けから沖縄の浦添で汗を流す西武の菊池雄星(25)に、早くも接触したメジャー球団があるという。

「ナ・リーグ西地区の球団ですよ」と、さる放送関係者がこう続ける。

「今月上旬、その球団の職員が沖縄で雄星と会ったというのです。立ち話をしただけなのか、一緒に食事をしたのかは分かりませんけど、挨拶をするためにわざわざ沖縄まで行くはずがありませんからね。かなり突っ込んだ話をしたとみるのが自然でしょう。それも、あえて、我々、報道陣に自主トレを公開する前のタイミングを狙って接触したと聞いています」

 日刊ゲンダイは昨年12月14日付の紙面で、菊池のメジャー挑戦を報じた。

 菊池は昨季、プロ7年目にして自身初の2ケタ勝利(12勝7敗)をマーク。今季から2年連続2ケタ勝利をマークすることを条件に、球団がポスティングシステムによるメジャー挑戦を認めたという内容だった。年明けにスポーツ紙も“後追い記事”を掲載。2年後のメジャー挑戦が公然というか、既定路線みたいになるにしたがって、メジャー球団の動きが活発になってきたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る