日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

情報収集は各国監督が WBCでは“隠れスカウト”がゴロゴロ

 6日、韓国で開幕したWBC1次ラウンドには、メジャー30球団のスカウトが訪れる。

 彼らはネット裏から獲得可能な優れた選手はいないか、鵜の目鷹の目で選手のプレーをチェックする。

 しかし、みんながみんな、首にスカウトのパスをぶら下げて、ネット裏にいるわけではない。ネット裏とは比較にならないくらいの特等席で、スカウト活動をする連中も中にはいる。

「各代表チームの首脳陣ですよ。彼らはグラウンドレベルに最も近いベンチから自軍の選手はもちろん、対戦相手の選手まで細かくチェックしています」とは、メジャー関係者だ。

 例えば中国代表のジョン・マクラーレン監督は、フィリーズのブルペンコーチ。オランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督は、サンフランシスコ・ジャイアンツの打撃コーチ。オーストラリア代表のジョン・ディーブル監督は、ドジャースのスカウトでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事