メジャーで有望株の評 SB武田翔太は4年後「3年34億円」

公開日: 更新日:

 今後の成長が期待されている。

 メジャースカウトの間では、武田翔太(23・ソフトバンク)は有望な若手選手を指す「プロスペクト」の位置付け。現時点では即メジャーで通用する力量はないが、将来性を高く評価されているのだ。

「投手として成熟しておらず、体格、投球とも伸びしろはまだ35%は残っているとみています。今後、筋力が増し、武器とするカーブの他にフォークボールの精度を上げ、ツーシームなどの球種が加われば、投球の幅も広がって、投手としてスケールアップが見込める。当然、獲得の候補リストに入っています」

 こう言う環太平洋スカウトによれば、武田が投手として脂が乗るのは4~5年後だという。

「将来的にはマリナーズの岩隈のように制球力と球のキレで勝負するタイプの投手になると思う。岩隈は四球で崩れることなく、毎回、試合をつくる安定感があり、マリナーズではエース右腕ヘルナンデスに次ぐ先発2番手を務めている。チームにもよるが、武田も移籍2年目以降は先発3番手までに入るでしょう」(ナ・リーグのスカウト)

 岩隈は肩の故障歴を懸念され、1年目の12年は1年360万ドル(約4億1400万円)と買い叩かれた。

 前出のナ・リーグのスカウトによれば、武田は「少なく見積もっても3年3000万ドル(約34億円)程度の条件になる」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る