• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーで有望株の評 SB武田翔太は4年後「3年34億円」

 今後の成長が期待されている。

 メジャースカウトの間では、武田翔太(23・ソフトバンク)は有望な若手選手を指す「プロスペクト」の位置付け。現時点では即メジャーで通用する力量はないが、将来性を高く評価されているのだ。

「投手として成熟しておらず、体格、投球とも伸びしろはまだ35%は残っているとみています。今後、筋力が増し、武器とするカーブの他にフォークボールの精度を上げ、ツーシームなどの球種が加われば、投球の幅も広がって、投手としてスケールアップが見込める。当然、獲得の候補リストに入っています」

 こう言う環太平洋スカウトによれば、武田が投手として脂が乗るのは4~5年後だという。

「将来的にはマリナーズの岩隈のように制球力と球のキレで勝負するタイプの投手になると思う。岩隈は四球で崩れることなく、毎回、試合をつくる安定感があり、マリナーズではエース右腕ヘルナンデスに次ぐ先発2番手を務めている。チームにもよるが、武田も移籍2年目以降は先発3番手までに入るでしょう」(ナ・リーグのスカウト)

 岩隈は肩の故障歴を懸念され、1年目の12年は1年360万ドル(約4億1400万円)と買い叩かれた。

 前出のナ・リーグのスカウトによれば、武田は「少なく見積もっても3年3000万ドル(約34億円)程度の条件になる」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る