メジャーで有望株の評 SB武田翔太は4年後「3年34億円」

公開日:

 今後の成長が期待されている。

 メジャースカウトの間では、武田翔太(23・ソフトバンク)は有望な若手選手を指す「プロスペクト」の位置付け。現時点では即メジャーで通用する力量はないが、将来性を高く評価されているのだ。

「投手として成熟しておらず、体格、投球とも伸びしろはまだ35%は残っているとみています。今後、筋力が増し、武器とするカーブの他にフォークボールの精度を上げ、ツーシームなどの球種が加われば、投球の幅も広がって、投手としてスケールアップが見込める。当然、獲得の候補リストに入っています」

 こう言う環太平洋スカウトによれば、武田が投手として脂が乗るのは4~5年後だという。

「将来的にはマリナーズの岩隈のように制球力と球のキレで勝負するタイプの投手になると思う。岩隈は四球で崩れることなく、毎回、試合をつくる安定感があり、マリナーズではエース右腕ヘルナンデスに次ぐ先発2番手を務めている。チームにもよるが、武田も移籍2年目以降は先発3番手までに入るでしょう」(ナ・リーグのスカウト)

 岩隈は肩の故障歴を懸念され、1年目の12年は1年360万ドル(約4億1400万円)と買い叩かれた。

 前出のナ・リーグのスカウトによれば、武田は「少なく見積もっても3年3000万ドル(約34億円)程度の条件になる」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る