適応力に不安 ロッテ石川歩はメジャーなら「先発5番手」

公開日: 更新日:

 本人が移籍を表明すれば、数球団が手を挙げるに違いない。社会人(東京ガス)時代から石川歩(28・ロッテ)をマークしているナ・リーグのスカウトは「投手としての素材は一級品」とこう続ける。

「武器であるシンカーはメジャーの打者にも通用するはずです。14年のルーキーイヤーから3年連続で160回以上投げているだけに、メジャーでシーズンを通じてローテーションを守るだけのスタミナにも不安はないとみています。スプリットやフォークボールを身に付ければ、メジャーでもローテ入りは可能だと思う」

 もっとも、WBC球を使用する今大会は、球が上ずって制球に苦しむシーンも。プロ野球の統一球より大きく滑りやすいメジャー公認球や硬いマウンドなど、環境の違いに苦労するという指摘もある。

「186センチと上背がある割には、今大会は角度のある球が投げられていない。これは球が滑って高めに抜けるためです。今年の4月で29歳になる石川には球速アップなどの上積みは見込めない。仮に今オフ移籍しても、現状では先発ローテの5番手程度の評価。チームによってはドジャースの前田のように、基本給を抑えて出来高を厚くする契約を提示するのではないか」とは前出のスカウト。

 年俸を3億円に抑えられた前田のようなケースもあり得ると言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  7. 7

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る