適応力に不安 ロッテ石川歩はメジャーなら「先発5番手」

公開日:

 本人が移籍を表明すれば、数球団が手を挙げるに違いない。社会人(東京ガス)時代から石川歩(28・ロッテ)をマークしているナ・リーグのスカウトは「投手としての素材は一級品」とこう続ける。

「武器であるシンカーはメジャーの打者にも通用するはずです。14年のルーキーイヤーから3年連続で160回以上投げているだけに、メジャーでシーズンを通じてローテーションを守るだけのスタミナにも不安はないとみています。スプリットやフォークボールを身に付ければ、メジャーでもローテ入りは可能だと思う」

 もっとも、WBC球を使用する今大会は、球が上ずって制球に苦しむシーンも。プロ野球の統一球より大きく滑りやすいメジャー公認球や硬いマウンドなど、環境の違いに苦労するという指摘もある。

「186センチと上背がある割には、今大会は角度のある球が投げられていない。これは球が滑って高めに抜けるためです。今年の4月で29歳になる石川には球速アップなどの上積みは見込めない。仮に今オフ移籍しても、現状では先発ローテの5番手程度の評価。チームによってはドジャースの前田のように、基本給を抑えて出来高を厚くする契約を提示するのではないか」とは前出のスカウト。

 年俸を3億円に抑えられた前田のようなケースもあり得ると言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る