• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

守備やリリーフに不安多く ヤンキース田中“敵は内にあり”

 ヤンキース・田中将大(28)が22日(日本時間23日)のフィリーズ戦に登板。5回3分の1を3安打無失点、3三振2四死球だった。

 これでオープン戦5試合(計18回3分の2)を6安打、無失点。3年連続開幕投手を務める4月2日のレイズ戦(セントピーターズバーグ)に向けて上々の仕上がり。首脳陣からは「いつ開幕しても不安はない」と太鼓判を押されている。現時点では爆弾を抱える右肘の不安もないが、だからといって順調に勝ち星を伸ばせるとは限らない。守備や田中の後を投げるであろうリリーフが万全とは言い難いからだ。

 オランダ代表としてWBCに出場した正遊撃手のグレゴリウス(27)は18日のダイヤモンドバックスとの練習試合で右肩を負傷。全治6週間の重傷で、開幕は絶望的になった。昨季はキャリアハイの20本塁打をマークした攻守の要を開幕から欠くのはチームにも田中にも痛手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る