開星・山内弘和監督に聞いた “請負監督”の実態と待遇

公開日: 更新日:

 10日に登場する開星(島根)といえば、野々村直通前監督を思い出す向きも多いだろう。2010年のセンバツ大会で21世紀枠校に敗戦して「末代までの恥。切腹して死にたい」と発言、物議を醸した。その野々村前監督の教え子で、現在、チームの指揮を執る山内弘和監督(41)は学校職員。いわゆる「請負監督」にその実態や待遇を聞いた。

■仕事は土木業

 ――事務職員として監督をされている。

「はい、教員免許はない。開星では平成12(2000)年6月ごろからボランティアでコーチをしてました」

 ――仕事は別にやっていたんですか?

「仕事は土木業。その仕事が終わってから、毎日夕方5時半か6時にグラウンドに上がって、監督の手伝いをやっていました。当時は誰もコーチがいなかった。(1993年に)俺らが出てから一度も甲子園に出ていなくて、母校が弱いのが悔しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る