開星・山内弘和監督に聞いた “請負監督”の実態と待遇

公開日:

 10日に登場する開星(島根)といえば、野々村直通前監督を思い出す向きも多いだろう。2010年のセンバツ大会で21世紀枠校に敗戦して「末代までの恥。切腹して死にたい」と発言、物議を醸した。その野々村前監督の教え子で、現在、チームの指揮を執る山内弘和監督(41)は学校職員。いわゆる「請負監督」にその実態や待遇を聞いた。

■仕事は土木業

 ――事務職員として監督をされている。

「はい、教員免許はない。開星では平成12(2000)年6月ごろからボランティアでコーチをしてました」

 ――仕事は別にやっていたんですか?

「仕事は土木業。その仕事が終わってから、毎日夕方5時半か6時にグラウンドに上がって、監督の手伝いをやっていました。当時は誰もコーチがいなかった。(1993年に)俺らが出てから一度も甲子園に出ていなくて、母校が弱いのが悔しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る