• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開星・山内弘和監督に聞いた “請負監督”の実態と待遇

 10日に登場する開星(島根)といえば、野々村直通前監督を思い出す向きも多いだろう。2010年のセンバツ大会で21世紀枠校に敗戦して「末代までの恥。切腹して死にたい」と発言、物議を醸した。その野々村前監督の教え子で、現在、チームの指揮を執る山内弘和監督(41)は学校職員。いわゆる「請負監督」にその実態や待遇を聞いた。

■仕事は土木業

 ――事務職員として監督をされている。

「はい、教員免許はない。開星では平成12(2000)年6月ごろからボランティアでコーチをしてました」

 ――仕事は別にやっていたんですか?

「仕事は土木業。その仕事が終わってから、毎日夕方5時半か6時にグラウンドに上がって、監督の手伝いをやっていました。当時は誰もコーチがいなかった。(1993年に)俺らが出てから一度も甲子園に出ていなくて、母校が弱いのが悔しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事