清宮不在の甲子園で主役候補 横浜高・増田は断固プロ志向

公開日:

 横浜の強力打線の中心に座るのは、プロ注目の増田珠(3年)だ。長崎出身。U―15日本代表では4番で主将を務めた。1学年上の藤平(現楽天)を慕い、鳴り物入りで入学。1年夏から活躍している。「清宮のライバル」と比較されてきたが、高校通算33本塁打である。

 強いプロ志向がある。

「神奈川大会前に『現段階でプロの評価は3、4位以下。4年後に上位指名されるように、大学に進んでからプロを目指しても遅くないのではないか』と進学を勧める周囲に、増田はプロに行くために長崎から横浜に来ているんだと、断固としてプロ入りの意思を曲げなかったといいます」(神奈川の高校野球関係者)

 そんな中、神奈川大会で大会新記録となる4戦連発。5本塁打を放ち、個人の大会通算最多本塁打記録で08年の東海大相模・大田(現日本ハム)に並んだ。この活躍でドラフト戦線に急浮上。巨人の岡崎スカウト部長も「外野手としてトップクラスの評価。上位候補。清宮(早実)、安田(履正社)、増田の3人は1位でもおかしくない力はある」と目を細めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る