31年ぶり甲子園 土浦日大・小菅監督“外様”の苦労明かす

公開日:

 9日に登場する土浦日大(茨城)は31年ぶり3回目の出場。これまでは代々、OB監督が指揮を執ってきたが、結果が伴わなかった。昨年4月、再建を託されたのは、取手二(茨城)の選手として84年夏に全国制覇した小菅勲監督(50)。法大卒業後、常総学院コーチなどを経て、下妻二(茨城)の監督として甲子園経験がある。「外様監督」が招聘された経緯と苦労を聞いた。

■しがらみを断ち切る

 ――小菅監督が呼ばれた経緯を教えてください。

「本校の理事長が言うには、OBというのはいろいろなしがらみがあって、一度そういうものを断ち切ろうと。理事長はバスケットボール界では有名な名将で、スポーツに造詣が深い人なので、野球部を立て直そうと考えられていた。歴代、みなさん教員監督じゃない。それだと、生活態度が悪くても見られない。私はもともと公立高校の教員なので担任もやりますし、部活動も学校生活の一環です。だからオファーをいただいたとき『専任監督は嫌です』と言いました。学校の様子を見ないで部活動だけというのはできないと。そうしたら『学校の方も見てくれ』と言っていただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る