31年ぶり甲子園 土浦日大・小菅監督“外様”の苦労明かす

公開日:

 9日に登場する土浦日大(茨城)は31年ぶり3回目の出場。これまでは代々、OB監督が指揮を執ってきたが、結果が伴わなかった。昨年4月、再建を託されたのは、取手二(茨城)の選手として84年夏に全国制覇した小菅勲監督(50)。法大卒業後、常総学院コーチなどを経て、下妻二(茨城)の監督として甲子園経験がある。「外様監督」が招聘された経緯と苦労を聞いた。

■しがらみを断ち切る

 ――小菅監督が呼ばれた経緯を教えてください。

「本校の理事長が言うには、OBというのはいろいろなしがらみがあって、一度そういうものを断ち切ろうと。理事長はバスケットボール界では有名な名将で、スポーツに造詣が深い人なので、野球部を立て直そうと考えられていた。歴代、みなさん教員監督じゃない。それだと、生活態度が悪くても見られない。私はもともと公立高校の教員なので担任もやりますし、部活動も学校生活の一環です。だからオファーをいただいたとき『専任監督は嫌です』と言いました。学校の様子を見ないで部活動だけというのはできないと。そうしたら『学校の方も見てくれ』と言っていただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る