31年ぶり甲子園 土浦日大・小菅監督“外様”の苦労明かす

公開日: 更新日:

 9日に登場する土浦日大(茨城)は31年ぶり3回目の出場。これまでは代々、OB監督が指揮を執ってきたが、結果が伴わなかった。昨年4月、再建を託されたのは、取手二(茨城)の選手として84年夏に全国制覇した小菅勲監督(50)。法大卒業後、常総学院コーチなどを経て、下妻二(茨城)の監督として甲子園経験がある。「外様監督」が招聘された経緯と苦労を聞いた。

■しがらみを断ち切る

 ――小菅監督が呼ばれた経緯を教えてください。

「本校の理事長が言うには、OBというのはいろいろなしがらみがあって、一度そういうものを断ち切ろうと。理事長はバスケットボール界では有名な名将で、スポーツに造詣が深い人なので、野球部を立て直そうと考えられていた。歴代、みなさん教員監督じゃない。それだと、生活態度が悪くても見られない。私はもともと公立高校の教員なので担任もやりますし、部活動も学校生活の一環です。だからオファーをいただいたとき『専任監督は嫌です』と言いました。学校の様子を見ないで部活動だけというのはできないと。そうしたら『学校の方も見てくれ』と言っていただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る