山梨学院の強さは粘りのスカウティングと面倒見にアリ

公開日: 更新日:

 エース吉松塁(3年)は、MAX140キロのプロ注目左腕。高校通算31本塁打の捕手・五十嵐寛人(3年)は、日本ハムで19年間プレーをした元二軍監督・五十嵐信一氏(現・査定担当)の長男だ。注目のバッテリーはともに千葉県出身。メンバーは他に神奈川、埼玉などの関東を中心に、大阪や長崎など全国から集まっている。 

「前任校の長崎・清峰を日本一に導いた吉田監督を慕って選手が集まるのはもちろんあるにせよ、山梨学院の特徴として、狙った中学生を粘り強くスカウトすることが挙げられます。ある選手の親御さんによると、『地元の高校に行くから』と一度は断ったのに、学校の関係者から何度も熱心に電話がかかってきて、『そこまで言ってくれるなら』と入学を決めた選手もいるそうです。誘って入れるだけでなく、系列の山梨学院大をはじめとした進学や社会人野球など、次の進路もきめ細かく面倒を見てくれるそうです」(スポーツ紙・高校野球担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  9. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

もっと見る