山梨学院の強さは粘りのスカウティングと面倒見にアリ

公開日:

 エース吉松塁(3年)は、MAX140キロのプロ注目左腕。高校通算31本塁打の捕手・五十嵐寛人(3年)は、日本ハムで19年間プレーをした元二軍監督・五十嵐信一氏(現・査定担当)の長男だ。注目のバッテリーはともに千葉県出身。メンバーは他に神奈川、埼玉などの関東を中心に、大阪や長崎など全国から集まっている。 

「前任校の長崎・清峰を日本一に導いた吉田監督を慕って選手が集まるのはもちろんあるにせよ、山梨学院の特徴として、狙った中学生を粘り強くスカウトすることが挙げられます。ある選手の親御さんによると、『地元の高校に行くから』と一度は断ったのに、学校の関係者から何度も熱心に電話がかかってきて、『そこまで言ってくれるなら』と入学を決めた選手もいるそうです。誘って入れるだけでなく、系列の山梨学院大をはじめとした進学や社会人野球など、次の進路もきめ細かく面倒を見てくれるそうです」(スポーツ紙・高校野球担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る