進退かかる11月場所 横綱鶴竜に求められる“高いハードル”

公開日:  更新日:

 勝ち越し程度では許されない雰囲気になってきた。

 10月5日に始まる秋巡業に、初日から参加することになった横綱鶴竜(32)。11月場所は進退がかかるだけに、必然と周囲の目は厳しい。

 今年は5、7月場所を途中休場し、9月場所は全休。逆転優勝を果たして再評価の機運が高まる日馬富士に比べて、鶴竜の影は薄くなるばかり。

 それでも9月場所を休んだことについては、特に非難の声が上がらなかった。これは師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が事前に「次に出る場所で進退をかける」と、話していたからだろう。あえて窮地に追い込むことで、なけなしの時間を稼いだとも言える。

 ならば鶴竜は次の場所で何勝を挙げれば、クビはつながるのか。

 ある親方は「最低でも2ケタ勝利。と言っても、平幕相手に星をポロポロと落とせばどうなるか」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る