• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進退かかる11月場所 横綱鶴竜に求められる“高いハードル”

 勝ち越し程度では許されない雰囲気になってきた。

 10月5日に始まる秋巡業に、初日から参加することになった横綱鶴竜(32)。11月場所は進退がかかるだけに、必然と周囲の目は厳しい。

 今年は5、7月場所を途中休場し、9月場所は全休。逆転優勝を果たして再評価の機運が高まる日馬富士に比べて、鶴竜の影は薄くなるばかり。

 それでも9月場所を休んだことについては、特に非難の声が上がらなかった。これは師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が事前に「次に出る場所で進退をかける」と、話していたからだろう。あえて窮地に追い込むことで、なけなしの時間を稼いだとも言える。

 ならば鶴竜は次の場所で何勝を挙げれば、クビはつながるのか。

 ある親方は「最低でも2ケタ勝利。と言っても、平幕相手に星をポロポロと落とせばどうなるか」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る