千秋楽秒殺を朝青龍が揶揄…豪栄道V目前で急失速の原因

公開日: 更新日:

「大関」が1日に2回も“瞬殺”されるとは情けない。

 24日に迎えた大相撲9月場所千秋楽。結びの一番は3敗の大関豪栄道(31)と4敗の横綱日馬富士(33)。大関が勝てば優勝、横綱が勝てば決定戦という一番は、日馬富士の気迫が勝った。立ち合いで右の前みつを取ると、一気に寄り切った。

 こうなってしまうと、豪栄道に勝ち目はない。決定戦の土俵に上がった後も不安げな表情を隠せず、眉は八の字。闘志みなぎる日馬富士にのまれていた。再び立ち合いで圧倒されると、苦し紛れのはたき。当然、日馬富士に通用するわけがなく、そのまま電車道を決められた。

 テレビ解説の北の富士(元横綱)が、「豪栄道はしばらく立ち直れないかもしれない」と言ったのも無理はない。今場所は3横綱2大関が欠場し、1人横綱の日馬富士は序盤に3連敗。豪栄道に「勝ってください」という状況の中、実際に11日目まで1敗をキープし、優勝戦線のトップを走っていた。それが平幕相手にまさかの2連敗で、最後は日馬富士に屈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る