千秋楽秒殺を朝青龍が揶揄…豪栄道V目前で急失速の原因

公開日:

「大関」が1日に2回も“瞬殺”されるとは情けない。

 24日に迎えた大相撲9月場所千秋楽。結びの一番は3敗の大関豪栄道(31)と4敗の横綱日馬富士(33)。大関が勝てば優勝、横綱が勝てば決定戦という一番は、日馬富士の気迫が勝った。立ち合いで右の前みつを取ると、一気に寄り切った。

 こうなってしまうと、豪栄道に勝ち目はない。決定戦の土俵に上がった後も不安げな表情を隠せず、眉は八の字。闘志みなぎる日馬富士にのまれていた。再び立ち合いで圧倒されると、苦し紛れのはたき。当然、日馬富士に通用するわけがなく、そのまま電車道を決められた。

 テレビ解説の北の富士(元横綱)が、「豪栄道はしばらく立ち直れないかもしれない」と言ったのも無理はない。今場所は3横綱2大関が欠場し、1人横綱の日馬富士は序盤に3連敗。豪栄道に「勝ってください」という状況の中、実際に11日目まで1敗をキープし、優勝戦線のトップを走っていた。それが平幕相手にまさかの2連敗で、最後は日馬富士に屈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る