• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

幕内8人が同時休場 大相撲の異常事態を招いた“最大要因”

 看板力士が相次いで休場し、1番人気の若手までいなくなった。さて、次は誰がケガをするのか? そう言いたくもなる。

 初日から日馬富士(33)を除く3横綱に加え、碧山(31)、佐田の海(30)と5人が休場して迎えた大相撲9月場所。さらに2日目の取組で大関高安(27)と若手の成長株、宇良(25)まで負傷し、3日目から休場となった。5日目には、カド番大関の照ノ富士(25)が松鳳山(33)に寄り切られた際に古傷の左ヒザを負傷し、6日目からの休場が決まった。

 幕内8人の同時休場は05年7月場所以来。3横綱2大関がいないのは、1918(大正7)年夏場所以来で99年ぶりの異常事態だ。

 あまりの故障者続出に、「力士の体重増で下半身への負担が大きくなっている」という論調をはじめ、さまざまなメディアが「巡業が多すぎる」「昔に比べて稽古量が減った」「四股が足りない」と分析をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る