• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転Vで今後が心配…日馬富士に迫る“燃え尽き症候群”

「本人は『10回目の優勝を目指す』と話しているが、どこまで気持ちを高められるか……」

 横綱についてこう話すのは、ある親方だ。

 9月場所を自身9回目の優勝で飾った横綱日馬富士(33)。一夜明けた25日の会見では、「優勝を意識するどころじゃなかった。気持ちだけは負けないよう、前を向いて相撲を取った」と率直な気持ちを打ち明けた。

 場所前から自分以外の3横綱が休場を発表し、日馬富士は1人横綱を余儀なくされた。しかも序盤で3連敗。この時点で優勝は絶望的となり、「限界説」もささやかれ始めた。

 ところが終盤に急展開を迎えた。大関豪栄道(31)が勝手にコケ、4敗をキープしていた日馬富士は、まさかの優勝戦線復帰。千秋楽では大関を気迫で圧倒し、賜杯をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る