• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転Vで今後が心配…日馬富士に迫る“燃え尽き症候群”

「本人は『10回目の優勝を目指す』と話しているが、どこまで気持ちを高められるか……」

 横綱についてこう話すのは、ある親方だ。

 9月場所を自身9回目の優勝で飾った横綱日馬富士(33)。一夜明けた25日の会見では、「優勝を意識するどころじゃなかった。気持ちだけは負けないよう、前を向いて相撲を取った」と率直な気持ちを打ち明けた。

 場所前から自分以外の3横綱が休場を発表し、日馬富士は1人横綱を余儀なくされた。しかも序盤で3連敗。この時点で優勝は絶望的となり、「限界説」もささやかれ始めた。

 ところが終盤に急展開を迎えた。大関豪栄道(31)が勝手にコケ、4敗をキープしていた日馬富士は、まさかの優勝戦線復帰。千秋楽では大関を気迫で圧倒し、賜杯をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る