• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長期離脱避けられない大谷 救いはゴジラ並みのプラス思考

 エンゼルスの公式ホームページによれば、大谷翔平(23)の「好きなバッター」はかつて巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜だという。

 その松井はプラス思考の持ち主だった。好きな言葉のひとつは「人間万事塞翁が馬」。例えばヤンキースでプレーしていた2006年は、左手首骨折で連続出場がストップ。治療とリハビリで3カ月強の欠場を強いられたときに考えたのは、ケガをする以前の状態に戻すことではない。リハビリ期間を利用して、ケガをしたとき以上のパフォーマンスを発揮できるようにすることだった。打撃フォームをガニ股気味に改良して、復帰戦は4打数4安打。3年後の09年にはワールドシリーズMVPを獲得した。

 大谷もまた、松井秀喜に負けず劣らずのプラス思考だ。プロ野球ではほとんど例のない二刀流はそもそも日本ハムの提案がきっかけとはいえ、未知の領域に挑戦したいと二つ返事で快諾。岩手の花巻東に進学したのも菊池雄星(現西武)への憧れではなく、雄星を超えるためだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る