長期離脱避けられない大谷 救いはゴジラ並みのプラス思考

公開日: 更新日:

 エンゼルスの公式ホームページによれば、大谷翔平(23)の「好きなバッター」はかつて巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜だという。

 その松井はプラス思考の持ち主だった。好きな言葉のひとつは「人間万事塞翁が馬」。例えばヤンキースでプレーしていた2006年は、左手首骨折で連続出場がストップ。治療とリハビリで3カ月強の欠場を強いられたときに考えたのは、ケガをする以前の状態に戻すことではない。リハビリ期間を利用して、ケガをしたとき以上のパフォーマンスを発揮できるようにすることだった。打撃フォームをガニ股気味に改良して、復帰戦は4打数4安打。3年後の09年にはワールドシリーズMVPを獲得した。

 大谷もまた、松井秀喜に負けず劣らずのプラス思考だ。プロ野球ではほとんど例のない二刀流はそもそも日本ハムの提案がきっかけとはいえ、未知の領域に挑戦したいと二つ返事で快諾。岩手の花巻東に進学したのも菊池雄星(現西武)への憧れではなく、雄星を超えるためだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る