長期離脱避けられない大谷 救いはゴジラ並みのプラス思考

公開日:

 エンゼルスの公式ホームページによれば、大谷翔平(23)の「好きなバッター」はかつて巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜だという。

 その松井はプラス思考の持ち主だった。好きな言葉のひとつは「人間万事塞翁が馬」。例えばヤンキースでプレーしていた2006年は、左手首骨折で連続出場がストップ。治療とリハビリで3カ月強の欠場を強いられたときに考えたのは、ケガをする以前の状態に戻すことではない。リハビリ期間を利用して、ケガをしたとき以上のパフォーマンスを発揮できるようにすることだった。打撃フォームをガニ股気味に改良して、復帰戦は4打数4安打。3年後の09年にはワールドシリーズMVPを獲得した。

 大谷もまた、松井秀喜に負けず劣らずのプラス思考だ。プロ野球ではほとんど例のない二刀流はそもそも日本ハムの提案がきっかけとはいえ、未知の領域に挑戦したいと二つ返事で快諾。岩手の花巻東に進学したのも菊池雄星(現西武)への憧れではなく、雄星を超えるためだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る