実戦形式登板で手応え ダルは19日にもマイナー戦で復帰へ

公開日:

 右上腕などを痛めて故障者リスト(DL)入りしているカブス・ダルビッシュ(31)が順調な回復ぶりを見せた。

 14日(日本時間15日)、本拠地リグレーフィールドで、マドン監督、ヒッキー投手コーチら首脳陣が見守る中、実戦形式の打撃練習に登板し、打者2人に対し、3回を計55球。右中間への特大の本塁打を許すなど、2安打されたが、予定していたイニングと球数をクリアした。

 この日のブルワーズ戦を前に会見したマドン監督は「全てが良かった。ストレートは我々が期待した通りだった。(リハビリの進捗状況は)決して後退していない」と満足そうに話した。

 5月26日にDL入りしたダルは、6月25日のマイナー戦で実戦復帰した際、右肘の炎症などが判明した。一時は、今季中のメジャー復帰は危ぶまれたが、エプスタイン編成本部長は指揮官同様、球威が戻ったことを評価。「例えば、きょうでもメジャー相手に登板しても、それなりの投球ができるだろう」と話し、マイナーでの実戦復帰を示唆した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る