ダル待望の今季初勝利 不調乗り越え“ゼロより1の方がいい”

公開日:

 カブス・ダルビッシュは20日、敵地シンシナティでのレッズ戦に登板。6回を2安打1失点、7奪三振5四死球で今季初勝利(3敗)を挙げた。

 今年2月に6年総額1億2600万ドル(約139億円)の大型契約でFA移籍しながら、開幕から不調。五回に打ち込まれるケースが目立ち、開幕から7戦で、チームの先発陣では唯一、未勝利だった。今月4日はインフルエンザのような症状を訴えて10日間の故障者リスト(DL)に入っていた。熱狂的で知られる地元ファンからは降板時にブーイングを浴びるなど、厳しい視線にさらされていたが、ようやく白星を手にした。

▽ダルの話「ゼロよりは1の方がいい。やっとスタートしたのかなという感じ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る