ダル待望の今季初勝利 不調乗り越え“ゼロより1の方がいい”

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュは20日、敵地シンシナティでのレッズ戦に登板。6回を2安打1失点、7奪三振5四死球で今季初勝利(3敗)を挙げた。

 今年2月に6年総額1億2600万ドル(約139億円)の大型契約でFA移籍しながら、開幕から不調。五回に打ち込まれるケースが目立ち、開幕から7戦で、チームの先発陣では唯一、未勝利だった。今月4日はインフルエンザのような症状を訴えて10日間の故障者リスト(DL)に入っていた。熱狂的で知られる地元ファンからは降板時にブーイングを浴びるなど、厳しい視線にさらされていたが、ようやく白星を手にした。

▽ダルの話「ゼロよりは1の方がいい。やっとスタートしたのかなという感じ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る