練習で好投も…ダルのプレーオフローテ入りに強力ライバル

公開日:  更新日:

 右上腕を痛めて故障者リスト(DL)入りしているカブス・ダルビッシュ有(31)が、復帰に向けてようやくスタートラインに立った。

 8日(日本時間9日)に遠征先のカンザスシティーで実戦形式の打撃練習に登板。打者2人に計33球を投げ、安打性の当たりを許さなかった。

 ダルの投球を見守ったマドン監督は「いい投球をしていた。球速も92~93マイル(148~150キロ)は出ていた。ゆったりとしたフォームで投げているように見えた」と、順調な回復ぶりに安堵の表情を見せた。

 スポーツ専門局ESPN(電子版)など複数の米メディアによれば、近日中にも再度、実戦形式で登板。患部に異常がなければ、マイナー戦のマウンドに上がって調整するという。

 チームは2位ブルワーズに1.5ゲーム差をつけてナ・リーグ中地区首位(8日終了時)。今月中にダルがメジャー復帰すれば、ポストシーズンの出場資格を得るが、10月以降のローテーション入りには強力なライバルが立ちはだかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る