エ軍大谷に未体験ゾーン突入の試練 復帰から来月で4カ月目

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が息を吹き返した。

 30日(日本時間31日)のタイガース戦で、今季6度目の猛打賞。28日のオリオールズ戦から2戦連続で当たりが止まっていたが、きっちりと修正した。

 右肘の腱を移植するトミー・ジョン手術から5月7日に復帰して、来月には4カ月目を迎える。大谷がメジャーに来てから、4カ月間丸々働くのは初めての経験だ。

 投打の二刀流だった昨季は登板日前後にラインアップから外れるなど、適度な休養を与えられた。6月上旬には右肘の靱帯部分断裂で、約1カ月間の離脱を強いられた。実働期間は開幕から6月までと復帰後の7月上旬から9月のレギュラーシーズン最終戦までの約3カ月間ずつだった。

 打者に専念している今季は、左投手の時は主にスタメンを外れるものの、体幹や下半身を強化する投手としてのリハビリを継続して行っている。ブルペンでの投げ込みは球数を限定されているとはいえ、他の野手以上に多忙なシーズンを送っているのだ。

 エンゼルスは2チームが進出するワイルドカード争いで首位インディアンスと6ゲーム差の5位。ポストシーズン進出の可能性をわずかに残している。チームの浮沈は未体験ゾーンに突入する4カ月目以降の大谷のデキにもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る