エ軍大谷に未体験ゾーン突入の試練 復帰から来月で4カ月目

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が息を吹き返した。

 30日(日本時間31日)のタイガース戦で、今季6度目の猛打賞。28日のオリオールズ戦から2戦連続で当たりが止まっていたが、きっちりと修正した。

 右肘の腱を移植するトミー・ジョン手術から5月7日に復帰して、来月には4カ月目を迎える。大谷がメジャーに来てから、4カ月間丸々働くのは初めての経験だ。

 投打の二刀流だった昨季は登板日前後にラインアップから外れるなど、適度な休養を与えられた。6月上旬には右肘の靱帯部分断裂で、約1カ月間の離脱を強いられた。実働期間は開幕から6月までと復帰後の7月上旬から9月のレギュラーシーズン最終戦までの約3カ月間ずつだった。

 打者に専念している今季は、左投手の時は主にスタメンを外れるものの、体幹や下半身を強化する投手としてのリハビリを継続して行っている。ブルペンでの投げ込みは球数を限定されているとはいえ、他の野手以上に多忙なシーズンを送っているのだ。

 エンゼルスは2チームが進出するワイルドカード争いで首位インディアンスと6ゲーム差の5位。ポストシーズン進出の可能性をわずかに残している。チームの浮沈は未体験ゾーンに突入する4カ月目以降の大谷のデキにもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る