エ軍大谷翔平に難敵…ライバル球団が“優勝請負右腕”を獲得

公開日: 更新日:

 トレード期限終了目前に大物選手の移籍が決まった。

 ア・リーグ西地区首位を独走するアストロズは31日(日本時間1日)、ダイヤモンドバックスのエース右腕ザック・グリンキー(35)、カブスのマーティン・マルドナード捕手(32)の獲得を発表した。

 グリンキーは同日のヤンキース戦で田中と投げ合い、5回を2安打2失点。白星は付かなかったものの、今季ここまで23試合で10勝4敗、防御率2.90と好調をキープしている。地区3連覇、ワールドチャンピオン奪還を目指すアストロズに優勝請負人として招かれた。

 同地区のライバル球団による駆け込みトレードは、大谷翔平にもチームにも脅威だ。メジャー屈指の右腕であるバーランダー(14勝4敗、防御率2.73)を中心とした強力投手陣(チーム防御率3.73)にグリンキーが加わることで、さらなる上積みは確実。捕手のマルドナードは昨季途中まで大谷らのエンゼルス投手陣とバッテリーを組んでいただけに、厄介な存在になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る