エ軍大谷翔平に難敵…ライバル球団が“優勝請負右腕”を獲得

公開日: 更新日:

 トレード期限終了目前に大物選手の移籍が決まった。

 ア・リーグ西地区首位を独走するアストロズは31日(日本時間1日)、ダイヤモンドバックスのエース右腕ザック・グリンキー(35)、カブスのマーティン・マルドナード捕手(32)の獲得を発表した。

 グリンキーは同日のヤンキース戦で田中と投げ合い、5回を2安打2失点。白星は付かなかったものの、今季ここまで23試合で10勝4敗、防御率2.90と好調をキープしている。地区3連覇、ワールドチャンピオン奪還を目指すアストロズに優勝請負人として招かれた。

 同地区のライバル球団による駆け込みトレードは、大谷翔平にもチームにも脅威だ。メジャー屈指の右腕であるバーランダー(14勝4敗、防御率2.73)を中心とした強力投手陣(チーム防御率3.73)にグリンキーが加わることで、さらなる上積みは確実。捕手のマルドナードは昨季途中まで大谷らのエンゼルス投手陣とバッテリーを組んでいただけに、厄介な存在になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る