リハビリ開始の日ハム上沢に届いた大谷からの“お見舞い”

公開日: 更新日:

 手術痕からは、痛々しさが伝わってくる。

 2日、左膝蓋骨の整形手術を受けた日本ハムの上沢が二軍施設でリハビリを開始した。

 6月18日のDeNA戦、ソトの強烈なライナーが左膝を直撃。左膝の皿が真ん中から真っ二つに割れた。

「痛くて最初は何が起きたかわからなかった。気づいたら、(倒れて)上を向いていました」

 翌19日に手術。全治5カ月と診断された。これから2カ月間ほど、ギプスを固定。来春キャンプに向けてリハビリを行うという。

「調子が上向いてきた中で、なんで今なんだろう、というのはあったし、いろいろ考えましたが、復帰するまで時間があるので、ケガする前よりパワーアップしたい」

 入院中、仲の良い元同僚のエンゼルス・大谷から見舞いの連絡が来た。退院する直前だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る