今季最後の花巻東対決 エ軍大谷が先輩・雄星イジメの安打

公開日: 更新日:

 花巻東高対決は後輩に軍配が上がった。

 エンゼルス・大谷翔平(25)が、マリナーズ・菊池雄星(28)と対戦。両軍による今季最終カードで実現したメジャーでの3度目の直接対決は大谷の3打数1安打1三振ながら、高校の先輩である菊池に“致命傷”を負わせた。

 初回、見逃し三振に倒れるなど、2打席凡退で迎えた五回だった。大谷は先頭で打席に立つと、カウント1ストライクから142キロの直球を捉え、左中間フェンス直撃の二塁打を放った。3打席目で攻略した大谷の二塁打を足がかりに、2点を追加して菊池をマウンドから引きずり降ろす。これで、両者の対決は、大谷の7打数3安打の打率4割2分8厘、1本塁打1打点。大谷は七回に2番手右腕スワンソンから中前打を放ち、5打数2安打。4試合ぶり、今季22度目のマルチ安打を記録した。

 今季21試合目のマウンドだった菊池は5回を2本塁打含む9安打7失点。6回3失点で4勝目を挙げた6月23日のオリオールズ戦を最後に勝ち星から遠ざかり、7敗目を喫した(防御率5.37)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る