今季最後の花巻東対決 エ軍大谷が先輩・雄星イジメの安打

公開日: 更新日:

 花巻東高対決は後輩に軍配が上がった。

 エンゼルス・大谷翔平(25)が、マリナーズ・菊池雄星(28)と対戦。両軍による今季最終カードで実現したメジャーでの3度目の直接対決は大谷の3打数1安打1三振ながら、高校の先輩である菊池に“致命傷”を負わせた。

 初回、見逃し三振に倒れるなど、2打席凡退で迎えた五回だった。大谷は先頭で打席に立つと、カウント1ストライクから142キロの直球を捉え、左中間フェンス直撃の二塁打を放った。3打席目で攻略した大谷の二塁打を足がかりに、2点を追加して菊池をマウンドから引きずり降ろす。これで、両者の対決は、大谷の7打数3安打の打率4割2分8厘、1本塁打1打点。大谷は七回に2番手右腕スワンソンから中前打を放ち、5打数2安打。4試合ぶり、今季22度目のマルチ安打を記録した。

 今季21試合目のマウンドだった菊池は5回を2本塁打含む9安打7失点。6回3失点で4勝目を挙げた6月23日のオリオールズ戦を最後に勝ち星から遠ざかり、7敗目を喫した(防御率5.37)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る