ハム栗山監督 続投で勝利より求められる若手育成の“成果”

公開日: 更新日:

「応援してくれるファンに、勝って喜んでもらうことだけ考えてやる」

 2日、オーナー報告の席上、1年の契約延長に合意した日本ハム栗山英樹監督(58)がこう言った。

 日本一になった2016年以降、5位、3位、5位と振るわない。球団史上最長となる9年目の来季こそ優勝を目指すというのだが、「球団が栗山監督を評価しているのは、勝利以上に若手育成の部分。23年開場の新球場元年に向け、チームは転換期を迎えているのです」と、日本ハムOBがこう続ける。

「日ハムはドラフトと育成が2本柱。素質ある若手を積極的に実戦で使って一本立ちさせ、絶えずチームの新陳代謝を図る。そうやってコンスタントに結果を出し続けてきた。ここ数年、低迷しているのは、チャンスを与えているにもかかわらず、若手が伸び悩んでいるから。ハッキリ言えば、ドラフトの失敗ですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る