最低でもあと1年…日ハムが栗山監督を慰留する“2つの理由”

公開日: 更新日:

 続投か、退団か。

 球団に進退伺を提出し、去就が揺れている日本ハムの栗山監督(58)。30日に川村球団社長らと約1時間話し合うも、結論は出ないまま。10月2日のオーナー報告まで、持ち越しとなった。

 栗山監督は1年契約。就任8年目の長期政権で、今季は5位に終わった。「選手を輝かせてあげられなかった。その責任を伝えた」とは本人の弁。進退に関しては自分が決めることではないとし、球団に去就を委ねるという。

 球団サイドも「責任は我々にもある」と、編成面などでバックアップが足りないことを認めており、川村球団社長は敗因分析がより重要だとした。

 球団が慰留に努めるのは栗山監督に辞めてもらっては困るからだという。

 某球団OBは「ひとつは後任人事です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る