最低でもあと1年…日ハムが栗山監督を慰留する“2つの理由”

公開日: 更新日:

 続投か、退団か。

 球団に進退伺を提出し、去就が揺れている日本ハムの栗山監督(58)。30日に川村球団社長らと約1時間話し合うも、結論は出ないまま。10月2日のオーナー報告まで、持ち越しとなった。

 栗山監督は1年契約。就任8年目の長期政権で、今季は5位に終わった。「選手を輝かせてあげられなかった。その責任を伝えた」とは本人の弁。進退に関しては自分が決めることではないとし、球団に去就を委ねるという。

 球団サイドも「責任は我々にもある」と、編成面などでバックアップが足りないことを認めており、川村球団社長は敗因分析がより重要だとした。

 球団が慰留に努めるのは栗山監督に辞めてもらっては困るからだという。

 某球団OBは「ひとつは後任人事です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る