辞任不可避…暴言疑惑の横浜高・平田監督が語っていた哲学

公開日: 更新日:

 名門校がまた揺れた。

 甲子園で春夏通算5度の優勝を誇る横浜高(神奈川)野球部で26日、指導者が暴言と暴力を繰り返していた疑いが浮上。練習や対外試合は当面自粛し、学校側が調査に乗りだした。

 渦中の人物は平田徹監督(36)と責任教師である金子雅部長(42)。告発した部員によれば、平田監督はミスをした選手の首を両手で掴んだり、バットを選手に向けて投げつけることもあった。金子部長は日常的に「殺すぞ」「クビだ」といった暴言を吐いていたという。

 あるアマ野球関係者はこう話す。

「平田監督は、口では『萎縮せずにプレーさせるのがベンチの役割』と言いながら、やっていることは正反対。顔を至近距離まで近づけて選手を恫喝したり、体をわし掴みにして身動きを取れなくしたり、パワハラのような行為もあるそうです。金子部長も感情的になる場面が多く、選手の課題を取り上げた報道陣を威嚇して『取材禁止だ』と追い払うこともありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る