辞任不可避…暴言疑惑の横浜高・平田監督が語っていた哲学

公開日: 更新日:

 名門校がまた揺れた。

 甲子園で春夏通算5度の優勝を誇る横浜高(神奈川)野球部で26日、指導者が暴言と暴力を繰り返していた疑いが浮上。練習や対外試合は当面自粛し、学校側が調査に乗りだした。

 渦中の人物は平田徹監督(36)と責任教師である金子雅部長(42)。告発した部員によれば、平田監督はミスをした選手の首を両手で掴んだり、バットを選手に向けて投げつけることもあった。金子部長は日常的に「殺すぞ」「クビだ」といった暴言を吐いていたという。

 あるアマ野球関係者はこう話す。

「平田監督は、口では『萎縮せずにプレーさせるのがベンチの役割』と言いながら、やっていることは正反対。顔を至近距離まで近づけて選手を恫喝したり、体をわし掴みにして身動きを取れなくしたり、パワハラのような行為もあるそうです。金子部長も感情的になる場面が多く、選手の課題を取り上げた報道陣を威嚇して『取材禁止だ』と追い払うこともありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る