内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

最後に阿部二軍監督に伝えたい 選手に持たせる3つの精神

公開日: 更新日:

 37年間にわたり、広島巨人で主に打撃コーチなどを務めてきた。私と入れ替わりで指導者1年目として奮闘する巨人の阿部慎之助二軍監督には「継続は力なり」を意識して欲しい。誰もが早く成功したい。しかし、野球に特効薬はない。コツコツやるしかないのだ。

 よく「結果を出せ」と言うが、「過程」を大事にしないと成長はない。選手に目標を設定させて、こうやったから、ここが打てるようになった。どうして、なぜこうなるのか、と問いながら前へ進む。選手に必要なのは、ハングリー、チャレンジ、スタンバイの3つの精神。たとえレギュラーでなくても、焦らず、腐らない人材を育成する。各自の持ち場でチームの勝利に目を向けさせる。これも指導者の役目である。

 中には将来有望な若手に付きっきりになるコーチもいる。それでは失格だ。どんな選手にも先入観を持たず、見捨てないこと。みんなが松井秀喜や阿部になれるわけではない。代打、守備固め、代走要員でもいい。一軍の戦力になれるよう、生かし方を考える。一芸に秀でた選手をつくるのも大切な仕事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    NHKに焦り?22年前期朝ドラ「ちむどんどん」早すぎる発表

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

もっと見る