内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

天才と呼ばれた高橋由伸 3年の苦しい監督生活に残る無念

公開日: 更新日:

 東京六大学23本塁打のリーグ記録を引っ提げて慶大の高橋由伸が、逆指名で巨人に入ってきた。

 1998年、最初の春のキャンプ。由伸が衝撃を受けたのが、松井秀の引っ張った打球、清原の逆方向の打球だったそうだ。「飛距離は2人にかなわない。同じような方向性ではダメだ」と広角打法を心がけるようになったという。

 共にクリーンアップを張った松井秀、清原と比べ、圧倒的な体格ではないものの、子供の頃から父親に渡された長い竹の棒を振っていたため、肘の入れ方がうまく、バットのヘッドが使える。プロ入り後も長い棒を使った練習を取り入れていた。

 由伸はなぜ「天才」といわれるのか。解説する。

 センターから逆方向への意識が強く、洞察力、観察力にたけている。早めに始動し、自分の間合いで待てる。打ち方は、バットをヘルメット付近の上段に構え、一度肩の辺りにグリップを落とす。そして右足を高く上げる。ブレが大きいにもかかわらず、ミート率が高い。これは下半身から上半身への連動がうまいため。腕を畳んでインサイドもさばける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る