権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

リリーフ投手苦難のシーズンをこう見る これが私の継投論

公開日: 更新日:

 “生涯一投手コーチ”を自任する私が実践してきた投手起用の要諦を簡単にまとめると、次のようになる。

①打たれる前に代える

②リリーフ投手の「イニングまたぎ」はしない

③打たれたリリーフ投手には翌日に必ずリベンジするチャンスを与える

④3度続けてやられた場合は二軍で再調整

 他にも状況、場面に応じていろいろあるが、優先順位の高い決まり事から並べるとこうなる。

 ①は、言うはやすしで、これを実践するには覚悟がいる。好投している投手は代えづらい。多くの監督は、「もう1イニング」と欲を出してしまうものだし、代わって出た投手が打たれれば、「継投ミス」と批判される。結果、「続投」という安全策に傾きがちだ。打たれて代えられた投手は、当然、それを引きずる。常に気分よくマウンドに立てるようにしてやるのが、長いシーズンで投手の戦う気持ちを持続させる秘訣である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る