広島「新4番」西川龍馬また打った “誠也の後”の本当の仕事

公開日: 更新日:

 広島の新4番・西川龍馬(26)がまた打った。

 25日の巨人戦に「4番・中堅」で出場。初回2死三塁で右前へ先制打を放つと、2点リードの五回無死一、二塁の場面でも右前へ適時打を放った。1点差に迫られた直後の六回には、この試合3本目となる貴重な中前適時打。4打数4安打3打点の活躍で、9―8の乱打戦勝利に貢献した。

 23日の巨人戦からプロ初の4番に座り、24日の試合では巨人ビエイラの159キロの剛速球を逆方向の左翼スタンドに叩き込む4号2ランを放っている。

 さる球界関係者がこう言った。

「この打順の目的は、4番打者として前のヤクルトとのカードで借金生活に突入したチームの勝敗を一人で背負い込んでいた鈴木誠也の肩の荷を軽くすること。この日も3安打と決勝犠飛を放つなど、もっか首位打者の1番・菊池と誠也の打順の間隔を詰めて、チームの得点力を上げようという狙いもある。誠也と西川は同い年で仲がいい。ベンチでも常に情報交換をしていて、誠也の影響で近年は西川もウエートトレーニングに着手。力がついて逆方向へ放り込めるようになった。お互いに切磋琢磨している西川なら、誠也の後の4番に入っても平常心を保てる。佐々岡監督は西川のバットコントロールのうまさを買っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る