広島・菊池は開幕15連続試合安打!二塁手で好調維持の価値

公開日: 更新日:

 赤ヘル忍者のバットが止まらない。

 開幕から15試合連続安打中の広島菊池涼介(31)。13日の阪神戦は雨で中止になったものの、もっか打率.415、4本塁打9打点と大車輪の活躍だ。

 連続試合安打はカープOBの高橋慶彦の持つ「33」(1979年)がプロ野球記録だが、開幕からに限れば元阪神監督の和田豊(現阪神球団本部付テクニカルアドバイザー)の「24」(97年)が最長。菊池は、それに迫るかのような勢いだ。

 打撃は投球と比べて好不調の波に左右されやすい。3割打者ですら10回中7回は失敗するのだから、調子を維持する難しさがわかる。

 ロッテ西武で通算2081安打を記録した山崎裕之氏が言う。

「好調でも打球が野手の正面をつけばアウトになるし、不調でも中途半端な打球がポテンヒットになることもある。そもそも好調なんて長続きしないものです。私も年に何度か、『どんなボールでも打てる』という状態があったが、それもせいぜい5日から1週間程度です。ただ、好打者は『好不調の波を小さなさざ波程度で済ませている』という点で共通している。凡打しても次の打席までに反省し、『こうだから打てなかった』と結論を出して切り替えられるかどうか。調子が良いがゆえに打撃が雑になっていないか、と自分で分析できるのが好打者です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る