阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

横浜での最後の試合で胴上げ直後、「社長が呼んでいます」とマネジャーがすっ飛んできた

公開日: 更新日:

 編成に来季の構想から外れたと通告されたものの、権藤監督の話でいったん白紙に戻った。が、翌日、同じ人から再び構想外と通告されることに。前日の経緯が経緯だけに、最終決定かと念を押すと、その通りだという。こうなると自分は完全に来季の構想から外れたと認めるしかなかった。

 2000年10月10日の今季最終戦、136試合目の試合前のことだ。

 私はすぐに両親に連絡、今夜で横浜では最後の試合になると伝え、見に来て欲しいと球場に呼んだ。選手会長の石井琢朗にきょうが最後の試合になると伝えると、それなら試合後に皆で胴上げしますと言われた。

 試合は横浜がサヨナラ勝ち。最終戦を終えた選手たちは、感謝の意を込めて右翼スタンドのファンに挨拶。荒井幸雄と島田直也と私は、ファンの前で胴上げされた。

■「引退は自分で決めたのか?」

 その直後、胴上げが終わった瞬間のことだ。マネジャーがすっ飛んできて、「(大堀球団)社長が呼んでます!」と。構想外を通告されたくだんの部屋に行くと、「なんで胴上げされてたんだ? 引退は自分で決めたことなのか?」と大堀社長。部屋には2度にわたって構想外を通告した編成の人もいた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗