渋野日向子「全米女子OP2位」はまぐれか実力か…真価問われる全米女子プロは今日開幕

公開日: 更新日:

 笹生優花(22)の優勝で幕を閉じた今年の全米女子オープン。3打差2位に入った渋野日向子(25)の復活に多くのファンが驚いたはずだ。

 それも当然だ。昨季は国内大会2試合を含む25試合でベスト10入りはたった1回。シード落ちした今季も全米女子OP前の9試合(1試合は予選落ちがない大会)で予選通過は3試合しかなく、ベストフィニッシュは73位。それがいきなり海外メジャーで2位に入った。本人だって信じられなかったに違いない。この試合で復活を印象づけた渋野は、直後の2大会でも予選を通過。20日開幕の全米女子プロ選手権(ワシントン州サハリーCC)でも上位争いが期待されるが、この選手は本当にわからない。

 序盤は好調だった2022年もスイング改造が原因で不調にあえいだ。直近8大会で6試合に予選落ちして臨んだ全英女子では、優勝を争い1打差の3位と大健闘。その後は2大会連続で予選落ちした。不振から脱することができず、同年末には2年前に離れた青木翔コーチとの師弟関係を復活させた。

 今回の全米女子プロは16年大会で使用されたシアトル郊外の林間コース。国内コースに雰囲気は似ているものの、ホールをセパレートする高い樹木は国内ではあまり目にすることはなく、これがハザードになっている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差