• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キャプテンの責務」リチャード・フィリップス著、田口俊樹ほか訳

■海賊の人質になった男

 2009年、ソマリア沖で海賊の人質にされた貨物船船長がその体験をつづったドキュメント。

 3月末、3カ月の休暇を家族と共に過ごした氏は、アラビア半島に飛び、オマーン南岸の港町サラーラから貨物船マースク・アラバマ号に乗り込む。アデン湾の西端にあるジブチに向かう途中、4人の海賊に乗り込まれ停船。乗組員との絶妙なチームワークで彼らのリーダーを逆に人質にした氏は、海賊一味を救命艇に乗せ、追い返すよう仕向ける。しかし、一味を貨物船から引き離すことには成功したが、氏だけが海賊の人質として救命艇に取り残されてしまう……。

 今週末公開の話題の映画の原作。
(早川書房 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る