「キャプテンの責務」リチャード・フィリップス著、田口俊樹ほか訳

公開日: 更新日:

■海賊の人質になった男

 2009年、ソマリア沖で海賊の人質にされた貨物船船長がその体験をつづったドキュメント。

 3月末、3カ月の休暇を家族と共に過ごした氏は、アラビア半島に飛び、オマーン南岸の港町サラーラから貨物船マースク・アラバマ号に乗り込む。アデン湾の西端にあるジブチに向かう途中、4人の海賊に乗り込まれ停船。乗組員との絶妙なチームワークで彼らのリーダーを逆に人質にした氏は、海賊一味を救命艇に乗せ、追い返すよう仕向ける。しかし、一味を貨物船から引き離すことには成功したが、氏だけが海賊の人質として救命艇に取り残されてしまう……。

 今週末公開の話題の映画の原作。
(早川書房 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  5. 5

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  8. 8

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  9. 9

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  10. 10

    志村けんが突き詰めた“下ネタ”の清々しさ…PTAを黙らせた

もっと見る