「逃亡者」新堂冬樹著

公開日: 更新日:

■ジッポーを拾ったばっかりに…

 早朝、若手芸人の黒崎は、愛犬の散歩中に憧れの「クロムハーツ」のジッポーを拾い、持ち帰ってしまう。夕方、黒崎が仕事を終えて帰宅すると部屋は、嵐が過ぎ去ったような惨状だった。おまけに黒崎の帰宅を見計らってヤクザ風の3人組まで現れる。間一髪逃げ出し、数時間後に帰宅すると、部屋の中で大家が死んでいた。公安警察を名乗り携帯電話にかけてきた男は、殺人犯にされたくなければ、指定の場所に来るよう黒崎に命じる。一方、ヤクザの方は黒崎のマネジャーの志水を人質にして接触を図ってくる。追い詰められた黒崎は拾ったライターの中に隠されたマイクロチップの存在に気づく。

 ノンストップ長編ノワールサスペンス。

(角川春樹事務所 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る