「裏歌舞伎町まりあ横丁」山谷哲夫著

公開日: 更新日:

■大久保はかつて「人肉闇市」だった

 コリアンタウンとして観光スポット化した大久保は、かつて外国人街娼たちがたむろする「人肉闇市」だった。彼女たちが利用するコンビニ店員やラブホテル従業員として働きながら、そして時にはホームレスに扮して、町に生きた人々の姿を追ったルポルタージュ。

 美人のマリアをはじめとするコロンビア人娼婦や、彼女たちに仕事を奪われ劣勢なタイ人娼婦、年配の日本人街娼「ひさちゃん」など、身近で接した彼女たちの暮らしぶりを描く。一方で、日雇い労働者や、同業者やヤクザらに立ち向かって街娼撲滅運動の先頭に立つラブホテルの社長とも交流。自らも町の一員となり定点観測を続けながら町の変化をつづった力作。

(現代書館 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る