• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「裏歌舞伎町まりあ横丁」山谷哲夫著

投稿日:  更新日:

■大久保はかつて「人肉闇市」だった

 コリアンタウンとして観光スポット化した大久保は、かつて外国人街娼たちがたむろする「人肉闇市」だった。彼女たちが利用するコンビニ店員やラブホテル従業員として働きながら、そして時にはホームレスに扮して、町に生きた人々の姿を追ったルポルタージュ。

 美人のマリアをはじめとするコロンビア人娼婦や、彼女たちに仕事を奪われ劣勢なタイ人娼婦、年配の日本人街娼「ひさちゃん」など、身近で接した彼女たちの暮らしぶりを描く。一方で、日雇い労働者や、同業者やヤクザらに立ち向かって街娼撲滅運動の先頭に立つラブホテルの社長とも交流。自らも町の一員となり定点観測を続けながら町の変化をつづった力作。

(現代書館 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る