「秘事」勝目梓著

公開日:  更新日:

■奇妙な関係を描く異色官能小説

 36歳の純子は、結婚して6年の夫・信雄との間に生まれたばかりの子どもがいる。一方で、バイセクシュアルの純子は、10年来の恋人・綾子との関係を結婚後も続けていた。

 信雄は、結婚後、急な用事で帰宅した折に純子と綾子が自宅の浴室でむつみあっている姿を目撃するが、2人の関係に気づかないふりをして過ごしてきた。女だけしか愛せない綾子は、自分という存在がありながら信雄と結婚した純子に複雑な気持ちを抱きながらも、愛する純子と別れがたく、受け入れてきた。そんな三角関係は純子の死で突然終わりを迎え、1年後、綾子は自ら望んで信雄の後妻となる。

 手記や日記で三人三様の思いを浮き彫りにした異色の恋愛官能小説。

(光文社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る