「秘事」勝目梓著

公開日: 更新日:

■奇妙な関係を描く異色官能小説

 36歳の純子は、結婚して6年の夫・信雄との間に生まれたばかりの子どもがいる。一方で、バイセクシュアルの純子は、10年来の恋人・綾子との関係を結婚後も続けていた。

 信雄は、結婚後、急な用事で帰宅した折に純子と綾子が自宅の浴室でむつみあっている姿を目撃するが、2人の関係に気づかないふりをして過ごしてきた。女だけしか愛せない綾子は、自分という存在がありながら信雄と結婚した純子に複雑な気持ちを抱きながらも、愛する純子と別れがたく、受け入れてきた。そんな三角関係は純子の死で突然終わりを迎え、1年後、綾子は自ら望んで信雄の後妻となる。

 手記や日記で三人三様の思いを浮き彫りにした異色の恋愛官能小説。

(光文社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る