『変わる中国 「草の根」の現場を訪ねて』麻生晴一郎著

公開日:  更新日:

■中国の深部

 習近平政権の誕生以後、日本の嫌中論は高まる一方。しかし大事なのは“机上の愛国心”ではなく、中国の深部にまで分け入って真相を見極める努力だ。

■人権活動家ら中国の少数派の“生の声”を取材

 東大在学中に中国で格安の木賃宿のアルバイトを経験。底辺の庶民たちとの付き合いに魅せられ、中国専門のルポライターへという異色の経歴を持つ著者は季節ごとに年4回、2週間ほど中国各地を旅するという。取材ではなく、経費はすべて自腹。しかしそんな体験を重ねてこそ腹を割って話せる現地の友をつくり、メールや電話では監視当局に筒抜けになる民主化運動家たちの現状や生の声にも接することができるのだ。

 著者が親しく付き合う相手の多くはボランティア活動やNGO、人権問題などの活動家たち。もちろん中国では少数派で、学生で興味を持つのは1割にも満たない。だが、それだけに集まってくる若者たちの目的意識は強固で志も高い。当局の締めつけや圧力は強く、反政府活動でもないものを定期的に家宅捜索し、パソコンなどは押収して返さない。それでも確かな手ごたえはあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る