『変わる中国 「草の根」の現場を訪ねて』麻生晴一郎著

公開日: 更新日:

■中国の深部

 習近平政権の誕生以後、日本の嫌中論は高まる一方。しかし大事なのは“机上の愛国心”ではなく、中国の深部にまで分け入って真相を見極める努力だ。

■人権活動家ら中国の少数派の“生の声”を取材

 東大在学中に中国で格安の木賃宿のアルバイトを経験。底辺の庶民たちとの付き合いに魅せられ、中国専門のルポライターへという異色の経歴を持つ著者は季節ごとに年4回、2週間ほど中国各地を旅するという。取材ではなく、経費はすべて自腹。しかしそんな体験を重ねてこそ腹を割って話せる現地の友をつくり、メールや電話では監視当局に筒抜けになる民主化運動家たちの現状や生の声にも接することができるのだ。

 著者が親しく付き合う相手の多くはボランティア活動やNGO、人権問題などの活動家たち。もちろん中国では少数派で、学生で興味を持つのは1割にも満たない。だが、それだけに集まってくる若者たちの目的意識は強固で志も高い。当局の締めつけや圧力は強く、反政府活動でもないものを定期的に家宅捜索し、パソコンなどは押収して返さない。それでも確かな手ごたえはあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る