• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『変わる中国 「草の根」の現場を訪ねて』麻生晴一郎著

■中国の深部

 習近平政権の誕生以後、日本の嫌中論は高まる一方。しかし大事なのは“机上の愛国心”ではなく、中国の深部にまで分け入って真相を見極める努力だ。

■人権活動家ら中国の少数派の“生の声”を取材

 東大在学中に中国で格安の木賃宿のアルバイトを経験。底辺の庶民たちとの付き合いに魅せられ、中国専門のルポライターへという異色の経歴を持つ著者は季節ごとに年4回、2週間ほど中国各地を旅するという。取材ではなく、経費はすべて自腹。しかしそんな体験を重ねてこそ腹を割って話せる現地の友をつくり、メールや電話では監視当局に筒抜けになる民主化運動家たちの現状や生の声にも接することができるのだ。

 著者が親しく付き合う相手の多くはボランティア活動やNGO、人権問題などの活動家たち。もちろん中国では少数派で、学生で興味を持つのは1割にも満たない。だが、それだけに集まってくる若者たちの目的意識は強固で志も高い。当局の締めつけや圧力は強く、反政府活動でもないものを定期的に家宅捜索し、パソコンなどは押収して返さない。それでも確かな手ごたえはあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る