日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人生という作文」下重暁子著

 日記やブログから、手紙、エッセー、旅行記に至るまで、書くという行為は「自分自身を見つけること」と説く著者による生き方エッセー。

 自身を見つけるとはどういうことか。「あじさい」をテーマにある男性との思い出をつづった自らのエッセーを例に、書く過程で心に巣くうこれまで自覚したことのない嫉妬の感情に気づいたと明かす。一方で、著者が講師を務めるエッセー教室に通っていたある女性は、街の歴史に興味を抱き学術論文を書くまでになったという。

 他にも、つらかった半生を赤裸々に描いた男性など、教室の生徒らとの交流を振り返りながら、孤独や老いなどあらゆる人生の悩みは「書く」ことで癒やされ、乗り越えていくことができることを教える。(PHP研究所 780円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事