「居酒屋の戦後史」橋本健二著

公開日: 更新日:

 どんな酒を、どんなときに、どんな場所で飲んでいたのか。そんな酒文化の歩みから戦後社会の変遷を読み解いたテキスト。

 戦時中、物資不足で飲食店の開店休業状態が続く中、庶民たちは焼け野原で営業する「国民酒場」に列をつくったという。国民酒場とは戦中から戦後にかけてできた公的指導の下で営業した酒場だそうだ。その他、現在の居酒屋の源流の一つともいえる戦後の闇市の飲み屋街の風景から、ビールを一般階層にまで普及させたという戦時・戦後の統制下で製造された配給ビールの存在、そしてハイボールから水割りへと移り変わったウイスキーの飲み方の流行など。高度成長、総中流社会を経て、格差社会へと向かう日本を酒と居酒屋という視点から俯瞰する。

(祥伝社 820円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る

人気キーワード