「がちナショナリズム」香山リカ著

公開日:  更新日:

 14年前、ワールドカップ日韓大会で愛国に目覚めた日本の若者たちを観察し、「ぷちナショナリズム症候群」と名付けた著者は、その著作で「ニッポンが瞬く間にラジカルなナショナリズムの国に転じていく可能性も否定できない」と予測。そして今、ナショナリズムのさらなる高まりは、「嫌韓」やそれに基づく在留外国人への排外主義的な思想や行動となって急速に進展している。

 ヘイトスピーチに抗議の声を上げたり、政権に批判的な発言をする著者には、ネットで批判や中傷が浴びせられる。そうした人々の心理分析をはじめ、安倍内閣やネトウヨ、安保改正などを俎上に、日本の「愛国」の現状を考察した社会分析の書。

(筑摩書房 740円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る