• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「がちナショナリズム」香山リカ著

 14年前、ワールドカップ日韓大会で愛国に目覚めた日本の若者たちを観察し、「ぷちナショナリズム症候群」と名付けた著者は、その著作で「ニッポンが瞬く間にラジカルなナショナリズムの国に転じていく可能性も否定できない」と予測。そして今、ナショナリズムのさらなる高まりは、「嫌韓」やそれに基づく在留外国人への排外主義的な思想や行動となって急速に進展している。

 ヘイトスピーチに抗議の声を上げたり、政権に批判的な発言をする著者には、ネットで批判や中傷が浴びせられる。そうした人々の心理分析をはじめ、安倍内閣やネトウヨ、安保改正などを俎上に、日本の「愛国」の現状を考察した社会分析の書。

(筑摩書房 740円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る