• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「吼えよ 江戸象」熊谷敬太郎著

 治安が悪化し、鬱屈した空気が蔓延していた享保の時代。将軍吉宗は、不満のたまった人民を喜ばせる奇策として、シャム国から取り寄せた白象を長崎から江戸まで移送せよとの命を下した。船で一気に運ぶのではなく、長崎街道から馬関海峡を渡り、山陽道を経て大坂、さらに京街道、東海道、箱根の峠を越えて江戸へとつながる道354里を歩いていく計画だ。ひょんな成り行きから命がけの任務を背負うことになったのは、小石川養生所の医師・田辺豊安と、暴れる象をなだめることのできる少女・千代。果たして巨象は無事に江戸までたどりつけるのか――。

 本書は、享保14年に吉宗の命で象が長崎―江戸間を歩いて日本中を沸かせた史実に基づいて描かれた長編時代小説。人々が象を見たことがなかった時代、吉宗の一声で始まった象と医師と少女の珍道中は、行く先々でさまざまな大騒動を引き起こす。少女から女へと変わっていく千代と豊安のラブストーリーにもなっている。(NHK出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る