「吼えよ 江戸象」熊谷敬太郎著

公開日:  更新日:

 治安が悪化し、鬱屈した空気が蔓延していた享保の時代。将軍吉宗は、不満のたまった人民を喜ばせる奇策として、シャム国から取り寄せた白象を長崎から江戸まで移送せよとの命を下した。船で一気に運ぶのではなく、長崎街道から馬関海峡を渡り、山陽道を経て大坂、さらに京街道、東海道、箱根の峠を越えて江戸へとつながる道354里を歩いていく計画だ。ひょんな成り行きから命がけの任務を背負うことになったのは、小石川養生所の医師・田辺豊安と、暴れる象をなだめることのできる少女・千代。果たして巨象は無事に江戸までたどりつけるのか――。

 本書は、享保14年に吉宗の命で象が長崎―江戸間を歩いて日本中を沸かせた史実に基づいて描かれた長編時代小説。人々が象を見たことがなかった時代、吉宗の一声で始まった象と医師と少女の珍道中は、行く先々でさまざまな大騒動を引き起こす。少女から女へと変わっていく千代と豊安のラブストーリーにもなっている。(NHK出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る