「シェア」レイチェル・ボッツマンほか著、関美和訳

公開日: 更新日:

 カーシェアリングや民泊など、日本でも急速に広がりつつあるシェアリングエコノミーの興隆を予見した世界的ベストセラーの新書化。

 SNSの登場でかつての共同体や協同組合に代わって、人々がネットを通じて結びつき、グループをつくり、ヒトやモノを介して交流がつくりだされるようになった。こうした動きを協働型消費と名付け、今や時価総額2兆円を超える規模に育った空き部屋仲介サイト「エアビーアンドビー」や、物々交換サイト「スワップ・ドットコム」などさまざまなシェアリングエコノミーの誕生の経緯から、それが利用者や社会に与えた変革などを分析。シェアリングエコノミーの歴史から行く末までを見渡したテキスト。(NHK出版 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード