「言ってはいけない残酷すぎる真実」橘玲著

公開日: 更新日:

 進化論や遺伝学の最新知見をもとに、人間にとっての「不都合な真実」を明かしたサイエンス本。

 例えば、「子どもの歌が下手なのは親が音痴だから」なら笑い話ですむが、「子どもの成績が悪いのは親がバカだから」と公言する者はいない。しかし、IQ(知能指数)で数値化した一般知能の遺伝率は77%。バカな親からバカな子どもが生まれることを認めてしまうと、努力によって向上することが前提の「教育」が成り立たなくなってしまうから、誰もそのことに触れないのだ。

 その他、美人とブスでは生涯賃金に3600万円も差が出るという美貌格差、性を巡るヒトの本性など。マスメディアが決して伝えない、しかし誰もが感じていた真実を公開。(新潮社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード