「裁判官・非常識な判決48選」間川清著

公開日: 更新日:

 一般常識や道徳観念からズレた判例を取り上げ、当事者の人間ドラマや判決を下した裁判官の苦悩を読み解く法律エッセー。

 対向車線をはみ出し、対向車にぶつかった車の同乗者が死亡。遺族が対向車の運転手の雇用主を訴えた裁判では、もらい事故でも避けることができた可能性もあったと「ぶつけられた側」に4000万円余の損害賠償の支払いを命じたという。法律上、もらい事故でも、自分に過失がなかったことを証明しない限り責任が問われるのだとか。

 他にもDV夫との離婚を認めず、2人で「青い鳥」を探すべく話し合えとした珍判決や、罪を犯した少年をかくまった牧師に「迷える子羊」の魂の救済を行ったとした無罪判決など48のトンデモ判決を検証。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る