「裁判官・非常識な判決48選」間川清著

公開日:  更新日:

 一般常識や道徳観念からズレた判例を取り上げ、当事者の人間ドラマや判決を下した裁判官の苦悩を読み解く法律エッセー。

 対向車線をはみ出し、対向車にぶつかった車の同乗者が死亡。遺族が対向車の運転手の雇用主を訴えた裁判では、もらい事故でも避けることができた可能性もあったと「ぶつけられた側」に4000万円余の損害賠償の支払いを命じたという。法律上、もらい事故でも、自分に過失がなかったことを証明しない限り責任が問われるのだとか。

 他にもDV夫との離婚を認めず、2人で「青い鳥」を探すべく話し合えとした珍判決や、罪を犯した少年をかくまった牧師に「迷える子羊」の魂の救済を行ったとした無罪判決など48のトンデモ判決を検証。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る