「裁判官・非常識な判決48選」間川清著

公開日:  更新日:

 一般常識や道徳観念からズレた判例を取り上げ、当事者の人間ドラマや判決を下した裁判官の苦悩を読み解く法律エッセー。

 対向車線をはみ出し、対向車にぶつかった車の同乗者が死亡。遺族が対向車の運転手の雇用主を訴えた裁判では、もらい事故でも避けることができた可能性もあったと「ぶつけられた側」に4000万円余の損害賠償の支払いを命じたという。法律上、もらい事故でも、自分に過失がなかったことを証明しない限り責任が問われるのだとか。

 他にもDV夫との離婚を認めず、2人で「青い鳥」を探すべく話し合えとした珍判決や、罪を犯した少年をかくまった牧師に「迷える子羊」の魂の救済を行ったとした無罪判決など48のトンデモ判決を検証。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る