• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「裁判官・非常識な判決48選」間川清著

 一般常識や道徳観念からズレた判例を取り上げ、当事者の人間ドラマや判決を下した裁判官の苦悩を読み解く法律エッセー。

 対向車線をはみ出し、対向車にぶつかった車の同乗者が死亡。遺族が対向車の運転手の雇用主を訴えた裁判では、もらい事故でも避けることができた可能性もあったと「ぶつけられた側」に4000万円余の損害賠償の支払いを命じたという。法律上、もらい事故でも、自分に過失がなかったことを証明しない限り責任が問われるのだとか。

 他にもDV夫との離婚を認めず、2人で「青い鳥」を探すべく話し合えとした珍判決や、罪を犯した少年をかくまった牧師に「迷える子羊」の魂の救済を行ったとした無罪判決など48のトンデモ判決を検証。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る